スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

書籍

『憲法学の病』 感想

概要 憲法が制定された文脈と国際法の常識に照らし合わせた時、本当は国際主義的な日本国憲法の真の姿が明らかとなる。東大法学部を頂点とするガラパゴス憲法学の病理を、平和構築を専門とする筆者が解剖する。 集団的自衛権 2015年、平和安全法制が審議され…

『ほんとうの憲法 ──戦後日本憲法学批判』 感想

概要 日本の憲法学では、国民が権力を制限することが立憲主義だとされてきた。憲法9条が国際法を超越した存在であるかのように語られ、自衛隊や日米安保を否定し、安全保障を語ってはならない裏事情があるかのように扱ってきた。なぜこのような憲法学がまか…

『ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史』 感想

概要 ロシア革命からソ連崩壊に至るソ連情報機関の対外工作を描き出す重要史料、「ミトロヒン文書」を紹介する本である。 もたらされた瞬間 1992年3月のある日、ラトヴィアの首都、リガの英国大使館に一人の男性がやってきて、誰が権限がある人との面会を求…

書籍『漫画でわかった!日本はこれからどうするべきか?』 感想

概要 対中国、対北朝鮮、対韓国、防衛、消費税、少子化問題などを漫画と文章でわかりやすく解説している。 技術流出 中国では出資比率100%の子会社を作ることができず、中国国内企業との合弁企業を作らざる得ない。例えば、海外企業が中国国内に工場を立ち…

書籍『戦後経済史は嘘ばかり 日本の未来を読み解く正しい視点』 感想

概要 日本経済の歩みの要因分析について、あまりに広く間違いだらけの常識、思い込みが流布している。 本書では明快に解き明かされている。 資本主義 戦後の日本経済は、アメリカの占領政策によって資本主義が根付いて経済が生まれ変わったかのように誤解し…

書籍『岩盤規制 ~誰が成長を阻むのか~』 感想

概要 この国をがんじがらめにしてきた岩盤規制。なぜ岩盤規制は生まれ、どのように維持され、今後の日本経済の浮沈にどう関わるのか。現場の暗躍を知るトップブレーンが改革の現状と未来をわかりやすく示す。 獣医学部の新設 獣医学部の新設は52年になされて…

書籍『国家の怠慢』 感想

概要 新型コロナウイルスは日本システムの不備を残酷なまでに炙り出した。それは政治、行政、マスコミの不作為がもたらした当然の結果でもあった。これまで多くの改革を成し遂げてきた二人の筆者が問題の核心を徹底的に論じ合う。 政治任用 統治機構の観点か…

書籍『国会議員に読ませたい台湾のコロナ戦』 感想

概要 2019年末、中国で発生した新型コロナウイルスは当初、これほどの被害を国際社会に及ぼすとは考えられていなかった。 だが、1月に中国で爆発的な感染が発生すると、3月にはアメリカやイギリス、日本でも感染が拡大した。2020年1月26日のジョンズ・ホプキ…

コロナ後の日本経済 感想

概要 コロナショックの衝撃は現在進行形で打撃を与えている。コロナ禍による金融危機が起きれば1929年以来の世界大恐慌となる。アフターコロナの国際経済、日本経済を透視する本書である。その中でも今回はCLOについて触れていく。 原油価格マイナス コロナ…

偽善者たちへ 感想

概要 この本は筆者の有料個人サイトの会員向けに配信しているメールマガジンの文章に加筆、修正してまとめたものである。 毎週その週に起こった様々なニュースに対して、筆者の解説を加えた文章を会員の皆様に配信している内容である。 防犯カメラ 昔、町や…

働く環境

日本の働く環境について本日は書いていく。 長時間労働 有給取得率 サマータイム 非正規雇用が増加 新卒一括のメリット 新卒一括のデメリット 解雇 雇用形態の変化 まとめ 引用元 長時間労働 長労働時間の原因は「先送り」にある。 ・・・では先送りとは何か…

平和の問題を数量的に見るには

本日は個人的に非常に興味を持ったことについて書いていく。 引用元 アメリカの国際政治学者のブルース・ラセットとジョン・R・オニールは軍事力に関するリアリズムの要素を二つに置き換えた。 その二つとは➡️ ①有効な同盟関係を結ぶこと。 ②相対的な軍事力…

正しい「未来予測」のための武器になる数学アタマのつくり方 感想

概要 数学的思考や数理的発想を身につければ、世の中に蔓延する曖昧さや偽情報といったものを見に抜くことができる。 ➡️数学的思考は武器になる。まず本書で基礎を。 会計 会計の知識を持って財務関係の書類を見ると金の流れがわかる。 金と権力はつながって…

経済で読み解く日本史6 平成時代 感想

東日本大震災の復興財源 東日本大震災発生から2日しか経っていない3月13日、自民党の谷垣総裁は菅総理に復興支援の財源を確保する目的で臨時増税することを提案する。 しかし本当にやるべきことは復興増税と正反対の政策である。自民党の衆議院議員の山本幸…

やる気が上がる8つのスイッチ 感想

概要 あなたが人間をやる気にさせるお医者さん=モチベーション・ドクターになるための最初の一歩になるための書籍。 タイプ この本では人間を8つのタイプに分けている。 中二病、うざいやつ、臆病者、退屈な人、やる気の空回り、まじめな見習い、新星、熟練…

科学的に正しい英語勉強法 感想

概要 本書は下記の構成となっている。 1.日本人が英語を話せない7つの理由を英語以前の問題から解き明かしている。 2.日本人の英語学習に対する誤解を解いている。そして本当に効率的な6つの学習法を紹介。 3.英語学習へのモチベーションを高めるため、学習…

高橋洋一の本まとめ

概要 筆者高橋洋一はかなりの書籍を出している。 全てに目を通したわけではないが、その中でも読んだ本に関してまとめてみた。 各種本の内容 www.supaasuta.com www.supaasuta.com www.supaasuta.com www.supaasuta.com www.supaasuta.com まとめ 筆者の本は…

『ファクトに基づき、普遍を見出す 世界の正しい捉え方』 感想

概要 フェイクを排除するのはほぼ不可能である。現代社会では、嘘、ごまかし、誤解などと呼ぶべき情報が無限に生成され、拡散され続けている。 したがって、フェイクに思考を翻弄されたくなければ、自らファクトを見極め、真実を見出す力を磨くしか方法はな…

『高橋洋一、安倍政権を叱る!』 感想

概要 筆者は、最悪のタイミングで消費増税を行なって経済の落ち込みを招いた安倍政権を叱った。そして落ち込むの理由を述べ、日本を立ち直らせる政策を提案しているのが本書である。 水際対策 日本には狂犬病がないから、日本からアメリカに犬を連れて行く場…

『バカを一撃で倒すニッポンの大正解』 解説

概要 重要なのは正解に至るまでのプロレスである。たまたま正しいことを言う人はしょっちゅう間違える人でもある。ロジカルな思考法を身につければ、そんな残念な人にはならなくて済む。 本書をきっかけにロジカルに考えることの大切さを説いている。 財政破…

『この数字がわかるだけで日本の未来が読める』 解説

概要 統計データは21世紀の石油である。これは世界の共通認識といってもよい。ところがその認識が日本にはあまりにも乏しい。 筆者の目では今の日本を見ると数字を全く重視されていないことがわかる。 データを見極め、正しい数字を読み解ければ、現在の立ち…

『交渉力 結果が変わる伝え方・考え方』 レビュー

概要 大阪府知事、大阪市長に就任し、4万8千人の組織を動かしてきた著者である。また、若い頃は弁護士として数々の交渉をこなしてきた。本書では、相手を説得し、対立する意見をまとめていく橋本流・交渉力の全極意を解説している。 // 交渉力 交渉というと…

高橋洋一『コロナ大不況後、日本は必ず復活する』 感想

概要 財政出勤や金融政策で、真水(見せ金や付け替えではなくて実質的にプラスになるお金)を国民に供給すれば、日本経済は持ちこたえられる。 どれだけの真水が必要か。それは失われたGDP分だ。それが供給できれば、日本は必ず復活する。この本はその明るい…

書籍『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 感想

概要 大阪府知事や大阪市長に就任し4万8千人の組織を動かした筆者。 年上の部下や並いる反対派をいかにして説得、掌握しどう大阪の改革をしたのか。 本書ではマネジメントの要諦と仕事術を自身の経験や例を挙げつつ、具体的に詳説している。 意見を徹底的に…

キャッシュレスに伴う損失

キャッシュレス。 現金を持たなくてよく、非常に便利である。 これから先多くの人が利用するだろう。 今回はいい面でなく、悪い面を書いていく。 ・・・とその前にまず日本と他国の状況から入る。 日本の目標 現状の日本 他国の状況 日本における損失 引用元…

書籍『話すチカラ』 感想

別の記事 www.supaasuta.com 概要 TBSの安住アナウンサーと斎藤先生の師弟コンビの本。 「話すチカラ」について縦横無尽に語り尽くしている。 声の出し方 テレビや人前で話すときにはあえてちょっと高めの声を使っている。高めの方が人に話を聞いてもらいや…

斎藤孝の本まとめ

斎藤孝の本を何冊か呼んだのでそのまとめ記事である。 www.supaasuta.com www.supaasuta.com www.supaasuta.com www.supaasuta.com まとめ 筆者は繰り返し伝えている事に本を読むことの重要性を繰り返し伝えている。 それに感化されて・・・。 とにかく結構…

田中角栄について

戦後のかたちを作ってきたのは実は田中角栄ではないかということで田中さんについて書いていく。 生きた金の使い方 福田派のある議員が入院したとき田中さん自ら見舞いに行きました。議員からすればそれだけでも恐縮するのに、帰り際にさりげなく封筒が置い…

言いよどんでも気にしない

コミュニケーション=不完全ということだ。 話の途中で次の言葉が上手く出てこなくても詰まってしまう。だが、言いよどむのは失敗ではない。 コミュニケーションは人間の不完全さを双方が補い合うことだと思う。 自分も不完全、相手も不完全が前提で、それぞ…

書籍『いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 』 感想

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ) 感想 WordPressの入門書のような本。 基本書かれている通りにすれば、一応WordPressのサイトが作れる。 カラーの図や解説が書か…