スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように 感想

珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように』を

読んでの感想。

 

 

ストーリー

珈琲店タレーランの事件簿」シリーズ第5作目の作品。

「アオヤマ」(男)の少年時代に知り合った「眞子」(女)との久しぶりの再会により今作の物語が始まる。

「アオヤマ」と「眞子」、そして女性バリスタ「切間美星」。

この三人を中心に過去と現在を行き来しながらストーリーは進んでいく。

「眞子」の隠された秘密を名探偵「切間美星」が解いていく。

 

まとめ

今作のキーアイテムに「源氏物語」が関わっており、あまりその部分が分かりずらかったように思う。

源氏物語自体そんなに詳しくはないし)

謎解き部分ですが、「美星」の推理が冴えに冴えわたっており、ちょっとした情報でどんどん解いていきます。

(正直読んでいる途中でミスリードにかかっており、全く解けなかったけど)

最後「アオヤマ」と「美星」の台詞を見る限り、もしかして今作でこのシリーズは終わりなのかな。