スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

漫画 「人形の国」 1巻 感想

人形の国」 1巻を読んだのでその感想。

 

 

 

作品紹介

舞台は永遠の冬の世界。

巨大な遺跡群の中で人類が生き延びる、人工天体アポシムズ。

訓練と食糧採取のために行軍するエオ、ビコ、シオ、エスローの4人の前に、現れた謎の少女。

拡大を続けるリベドア帝国に追われる彼女が託したものとは……!?

『BLAME!』『シドニアの騎士』の弐瓶勉が描くダーク・ファンタジー・アドベンチャー

             月刊少年シリウス公式ホームページより引用

 

白い世界

作品の舞台は極寒の巨大人工天体・アポシムズのため、とにかく白い。

白一色で描かれている。

あんまり黒はありません。

 

ストーリー 

序盤で主人公「エスロー」と仲間達は「タイターニア」を助けたことにより、

リベドア帝国の攻撃を受け、多くの仲間を失う。

その際に「コード」と呼ばれるのを使い、正規人形となって戦いに身を投じていく。

このようにストーリーは王道のストーリーである。

 

変身

エスロー」も敵も「鎧化」と呼ばれる戦闘フォームに変身する。

仮面ライダーか?)

結構格好いいが。

 

まとめ

ストーリーはテンポよく進んでいく。

専門用語が出てくるが、多くは説明せずにどんどん進行していく。

SF好きやこの作者の作品が好きな方にはオススメかも。

(1巻は全3話収録) 

 

 

試し読みもできるよ↓