スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝−永遠と自動手記人形− 感想

ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝−永遠と自動手記人形−』を見てきたのでその感想。

 

www.violet-evergarden.jp

 

ネタバレが含ますのでご覧になっていない方は、

ご注意ください。

 

 

ストーリー

……大切なものを守るのと引き換えに僕は、僕の未来を売り払ったんだ。

良家の子女のみが通うことを許される女学校。

父親と「契約」を交わしたイザベラ・ヨークにとって、

白椿が咲き誇る美しいこの場所は牢獄そのもので……。

未来への希望や期待を失っていたイザベラの前に現れたのは、

教育係として雇われたヴァイオレット・エヴァーガーデンだった。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝−永遠と自動手記人形−』公式サイトより引用

 

今回の話の中心人物となるのが、

姉「イザベラ・ヨーク」妹「テイラー・バートレット」の二人である。

イザベラの家庭教師にヴァイオレットが派遣される。

最初はヴァイオレットのことをよく思っていなかったが、

徐々に彼女に心を開いていく。

(最初は嫌な奴だったが途中から可愛くなっていく)

前半の最後にイザベラとヴァイオレットとのダンスシーンがあり、

これが非常に良かった。(すごい良かった)

イザベラはテイラーに手紙を送り、

そして3ヶ月の家庭教師期間が終わり二人が別れる。

 

そこから3年後。

テイラーがC.H郵便社に訪ねてくる。

郵便配達人として働きたいと言い、見習いとして働き始める。

ただ文字が読めないため、そこはヴァイオレットが教えていくことになる。

テイラーはイザベラに手紙を書き、それを送ってもらう。

イザベラはテイラーを手紙を読み涙を流していた際、

その近くで見ていたテイラーも涙を流していた。

 

まとめ

主人公のヴァイオレットはイザベラとテイラーに対して先生ポジションであった。

主人公が周りの人の成長を促すのが非常に良かった。

イザベラに対しては勉学、ダンス、作法。

テイラーに対しては文字の読み書き。

ヴァイオレット成長したな〜)

終始泣ける場面が多くある作品であった。

(思いのほか泣いた)