スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

映画 HELLO WORLD 感想

映画『HELLO WORLD』の感想を書いていく。

 

hello-world-movie.com

 

この記事は若干のネタバレが含みますので、

ご覧になっていない方はご注意ください。

 

 

ストーリー

京都に暮らす内気な男子高校生・直実(北村匠海)の前に、

10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミ(松坂桃李)が突然現れる。
ナオミによれば、同級生の瑠璃(浜辺美波)は直実と結ばれるが、

その後事故によって命を落としてしまうと言う。
「頼む、力を貸してくれ。」彼女を救う為、

大人になった自分自身を「先生」と呼ぶ、奇妙なバディが誕生する。
しかしその中で直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、

そしてこの現実世界に隠された大いなる秘密を知ることになる。

                  HELLO WORLD』公式サイトより引用

 

映像

 終始映像がすごかった。

えげつない映像が繰り広げられていた。

(あとヒロインの瑠璃がえらく可愛く描かれていた)

 

声優

声優三人はそれほど違和感なく見れた。

特にナオミ役の松坂桃李さんが一番うまかった。

 

ハイスピードSF青春ラブストーリー

直実と瑠璃が恋人同士になった後、事故で瑠璃が亡くなる。

それを阻止するために、直実の10年後であるナオミが来る。

その際直実の住んでいる世界はデータである事実を教えられる。(ゼーガペインか?)

ナオミにとある力をもらい、それを使って瑠璃を死なせるのを防ぐため、

修行パートが入る(ドラゴンボールか?)。

それと同時並行して瑠璃と恋人になるために、

ナオミが瑠璃とあったことを記したノート(未来ノート)に沿って行動する。

無事恋人なった後、瑠璃が亡くなる寸前の状況になり、

直実が瑠璃の死を回避することに成功した際に、ナオミの真の目的が明らかに。

さらにナオミの世界に秘密があり、それだけでなくさらにも秘密が・・・。

 

まとめ

 ジェットコースターのように話が進んでいく。

まさか最後そういうこととは・・・。