スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

小説 『鬼滅の刃 しあわせの花』 感想

小説 『鬼滅の刃 しあわせの花』 の感想。

 

 

j-books.shueisha.co.jp

 

 

ストーリー

立ち寄った村で婚礼に招待された炭治郎たち。

禰豆子と同じくらいの年である花嫁の艶姿を見て、

炭治郎は妹の倖せを思う。

他、鬼殺隊の本編では語られなかった出来事が明らかに。
我妻善逸がはじめて鬼を斬ったその日の出来事とは。

炭治郎、善逸、伊之助の『女難の相』とは。蝶屋敷の少女たち、

アオイとカナヲのひそやかな一日の出来事とは。
そして大好評番外編『キメツ学園』のノベライズも。
吾峠先生完全監修、描きおろしイラストも多数収録。ファン必見の一冊になること間違いなし

                           JUMP jBOOKS 公式サイトより

 

感想

第1話 しあわせな花

「竈門炭治郎」「竈門豆子」のお話。

 ある村の娘が嫁ぐことになり、お祝いするために

「炭治郎」「善逸」「伊之助」が出席するが、

それを観た後「炭治郎」が妹「豆子」ことを考える。

この話は兄妹の話。

兄が妹を。妹が兄が互いに想っているのがわかる。

 

第2話 誰が為に

 「我妻善逸」の話。

 「善逸」が修行が辛いために、逃げ出した先の女性を助けるため、

一人で鬼に挑む。

(鬼は倒すことができたが、本人が自分がやった記憶がないけど)

 

第3話 占い騒動顛末記

 こちらも「我妻善逸」の話。

占い師の老女に「善逸」が女難の相が出ており、死ぬと言われ・・・。

ひさすらに 「善逸」が怯える話。

(多分この中でも一番面白みがない話か)

 

第4話 アオイとカナヲ

サブタイトル通り「栗花落カナヲ」「神崎アオイ」の話。 

テレビアニメ「鬼滅の刃」第二十六話「新たなる任務」にもあった、

「カナヲ」と「アオイ」に「炭治郎」がかけた言葉を深く掘り下げたエピソード。

 

第5話 中高一貫☆キメツ学園物語!!

 またまた「我妻善逸」の話。

「善逸」が風紀委員をやめたいために、「富岡」先生に言おうとするが・・・。

「富岡」先生殴りすぎじゃね。

まとめ

 えらい読みやすい内容だな。

あと、えらく「我妻善逸」の話が多いいな。

(作者が好きなキャラなのか)