スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

映画『空の青さを知る人よ』 感想

映画『空の青さを知る人よ』を観た感想。

 

soraaoproject.jp

 

本記事はネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ストーリー

山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。

将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、

暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。

そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。

二人は、13年前に事故で両親を失った。

当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。

それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。

あおいは自分を育てるために、

恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、

負い目を感じていた。姉の人生から自由を奪ってしまったと…。

そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、

大物歌手・新渡戸団吉が決定。そのバックミュージシャンとして、

ある男の名前が発表された。金室慎之介。

あかねのかつての恋人であり、

あおいに音楽の楽しさを教えてくれた憧れの人。高校卒業後、

東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が、

ついに帰ってくる…。それを知ったあおいの前に、

突然“彼”が現れた。“彼”は、しんの。高校生時代の姿のままで、

過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。

思わぬ再会から、しんのへの憧れが恋へと変わっていくあおい。

一方で、13年ぶりに再会を果たす、あかねと慎之介。

せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。

                     映画『空の青さを知る人よ』公式サイトより

 

感想

妹「あおい」と姉「あかね」、姉の昔の恋人の「慎之介」、

慎之介の13年前の「しんの」 の四角関係(いや三角か)の話であるが・・・。

 

姉のノートを見た際あおいが泣いていたが、あれは泣くわ。

あんなの見つけたら。

姉と妹お互いがどんだけ好きやねんってくらい仲が良い。

 

「あおい」がお堂で音楽の練習してた際突然出てきた「しんの」。

「しんの」はお堂を出ることができず、自由に行動することができない。

(あの花のめんまは自由に行動してたけど)

「しんの」が本当にいいやつだな。

大人の「慎之介」と比べると余計に際立つな。

だから「あおい」が「しんの」に惹かれるのか。

(「しんの」も「慎之介」も同じ声優だったが、

  びっくりするくらいかなりうまかったな)

 

「ツグ」本当に小学生かってくらいよくできた子供だった。

姉の危機を聞いた際すぐに「携帯」と言える子供とは、末恐ろしい。

まとめ

あおいの着ていた謎の宇宙人のパーカーは一体?