スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

ひなたしょう 『ONE PIECE novel A 1 スペード海賊団結成篇』 感想

 

ひなたしょう 『ONE PIECE novel A 1 スペード海賊団結成篇』。

 本編『ONE PIECE』の主人公「ルフィ」の兄貴である「エース」主人公の物語。

グランドライン前半まで描いたのを全3話収録している。

今回はこれの感想を書いていく。

 

 

ストーリー

j-books.shueisha.co.jp

"東の海"(イーストブルー)にある無人島・シクシスに流れ着いたエース。

遭難の末たどり着いた孤島で、エースはある男と出会う。

エースは二人で島を脱出し、冒険をともにすることを決意し、

「スペード海賊団」を結成。

"偉大なる航路"(グランドライン)に挑む...。

マスクド・デュース、「スペード海賊団」最初のクルー。

彼の目から見たエースという男の生き様とは?

そしてエースがこの世界に遺したものとは?

「スペード海賊団」結成からの

エースの半生を描いたノベライズ第1弾!

カバーイラストは尾田先生描き下ろし!

                         JUMP jBOOKS公式サイトより引用

 

 

 感想

「エース」船長とするスペード海賊団の最初の仲間「マスクド・デュース」と

出会うところから始まる。

(「マスクド・デュース」というのも「エース」が勝手につけたペンネームだけど)

 

この話では「エース」がメラメラの実を食べた経緯や

「エース」がアラバスタで乗っていた乗り物、

本編でちょっとだけ触れていた七武海を蹴った話も出てくる。

 

 「エース」の人柄というのが出ており、仲間ではなく敵である海軍にも好かれている。

(やっぱり「エース」はいい奴だな)

 

本編では覇気を使っていた描写はなかったが、

今作の戦闘で使って戦っているのはびっくり。

 

まとめ

スペード海賊団って総勢19名と一匹。

結構いたんだな〜。

(先生がいたりと変な仲間がいるんだな)