スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

池上彰 『おとなの教養2 私たちはいま、どこにいるのか? 』 感想

 

相変わらずのわかりやすい解説で有名は著者池上彰 の本。 

池上彰 『おとなの教養2 私たちはいま、どこにいるのか? 』の感想。

 

 

内容

教養とは、「立ち止まって考える力」です。
AIとビッグデータ、キャッシュレス社会、民族紛争に地政学

ポピュリズムから日本国憲法まで─。

いま知っておきたい6つのテーマについて、

歴史や経済、政治学の教養をベースに、

わかりやすい解説で問題のみなもとにまで迫る。

32万部突破『おとなの教養』(NHK出版新書)の第2弾、満を持して登場。

新聞やテレビの報道が、より深く理解できるようになる!

                            Amazonの内容紹介より引用

 

感想

AI、キャッシュレス社会、想像の共同体、地政学ポピュリズム、日本国県憲法

の6つのテーマで解説している。

 池上彰さんがかなり基礎的なとこから書いており、

読者に飲み込みやすい内容となっている。

(相変わらずに)

人によっては知ってるわとなるかも。

 

インド人といえば、ターバンを巻いた人というのはイメージであって、

実際にはあんまり見かけないとのこと。

(漫画とかでは結構ターバン巻いてたような)

 

まとめ

これ読んだからと言っても、全ての教養が身につくわけではないので、

日々勉強かと。

 

「私たちはいま、どこにいるのか?」・・・。

お腹は空いたので飲食店にいる。

(いや違うか)