スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

『PSYCHO-PASS サイコパス3』 第1話 感想

PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ。

第一期、第二期、映画になり、今回第三期となる。

第三期は毎週1時間放送になっている。

 

psycho-pass.com

 

PSYCHO-PASS サイコパス3』 第1話を観たので感想を書いていく。

 

 

ストーリー

2120年、東京。

ハイパー・トランスポート社の大型輸送ドローンが事故を起こした。

着任したばかりの厚生省公安局刑事課一係の監視官・慎導灼と

炯・ミハイル・イグナトフは、この事故の調査へ向かう。

彼らはそこで同社の会計士である旭・リック・フェロウズが

行方不明になっていることを確認。

捜索のため、灼は追跡対象者になりきる〈メンタルトレース〉を

行いリックの行動を追うが、やがて海に浮かぶ遺体を発見する。

状況的に事故死と判断されるも、

リックの死に違和感を抱いた灼と炯は捜査を続行。

そして、事故は偽装であり、

内部告発の口封じのために事故を仕組んだ人物の影にたどり着く――。

                     PSYCHO-PASS サイコパス公式サイトより

 

感想

昔からのキャラも一部出ているが、ほとんどは今回からの新キャラ。

今作の執行官やたら監視官に反抗しているが。

(前作まではけっこう従順だったのに) 

 

今作の「慎導灼」のメンタルトレースにより、事件を調べていくので、

よくある刑事ものでの物的証拠などで推理しながら

事件を調べていくのとは違う展開をしている。

 

しっかし作画綺麗だな〜。 

(あんな大型のドローンが将来できているのか)

 

まとめ

主人公「慎導灼」の メンタルトレースすごすぎね。

超能力じゃん。