スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

池上彰『先送りできない日本 ”第二の焼け跡”からの再出発』 感想

結構前の書籍で今とは情報が変わっているけど、読んだのでその感想。

 

  

 

内容

グローバル競争における日本の方向性。

TPPと日本の食糧問題。

日本の経済は何をめざして舵を切るべきか?

中国、インドとどう付き合っていくか?

政局中心の日本の政治はこれでいいのか?

日本のものづくりを再生するには?

これまで解決してこなかった日本の大問題に決着をつける

                              Amazonの内容より引用

 

  

感想

先送りできない問題的として主に6点挙げられている。

貿易・TPP・企業・中国・日本のものづくり・財政である。

 

内容の一例を紹介する。

 

国の保護を受けた産業は衰退するそうだ。

例えば、20世紀後半、鉄鋼は日本や韓国、

インドなどでも安くて品質の良いものが作られるようになった。

アメリカの鉄鋼業は、それに対応するために、

政府に外国の鉄鋼がアメリカに入りにくいように働きかけたが・・・。

その結果、国際的な競争力はなくなった。

(戦いは成長させるか)

(よく漫画とかで「こいつ、戦いながら進化している・・・」とかやつか)

 

スーダンで働く国際援助機関の人たちに人気なのは、

トヨタランドクルーザーだそうだ。

砂漠でエンストしたら終わりだから、

高くてもトヨタランドクルーザーを買うとのこと。

(どうでも良いけど、ランドクルーザーという言葉の響きはいいね)

 

まとめ

2011年の書籍だったので、そういえばこんなことがあったんだな〜と

懐かしく思う。

(TPPが話題になったのかこの頃か〜)