スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

『仮面ライダーゼロワン』 第10話 感想

仮面ライダーゼロワン』 第10話を観たので感想を書く。

 

f:id:akj220:20191110133942j:image

仮面ライダーゼロワン 第10話より引用)

 

飛電インテリジェンスが製作するスペシャルドラマ『義理人情刑事ギリィ』は、義理人情に厚い新米刑事と伝説の暗殺者が奇妙な友情で結ばれるドラマ。

今回はこのドラマ製作についての話。

 

今回何と言っても大和田伸也さんが大和田伸也という本人役で出演している。

(なぜ本人役なんだ?)

そして敵役の暗殺ちゃん大和田さんに弟子入りするという変なことに。

(大和田さん面倒見良すぎるだろ)

 

或人がドラマのエキストラに出演中に滅亡迅雷.netが襲撃したため、イズがジェスチャーで或人に知らせる。

(えらくかわいかったが)

f:id:akj220:20191110140954j:image

仮面ライダーゼロワン 第10話より引用)

 

その際不破さんが戦ったが、松葉杖使っていたのによう戦ったな。

(松葉杖普通に捨てていたが)

 

不破さんが刃に「俺たちエイムズの任務はヒューマギアの監視だ。飛電を陥れることが任務じゃない。」と言ったのが今回印象に残った。

(ヒューマギアが嫌いな不破さんだけどそれは違うと)

 

1話完結な話かと思えば、来週に続いたぞ。

(来週のタイトル完全に狙って書いただろ)