スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

映画『ターミネーターニュー・フェイト』 感想

映画『ターミネーターニュー・フェイス』 を観たので感想を。

 

f:id:akj220:20191114075930j:image

 公式サイト映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』より引用

www.foxmovies-jp.com

 

本記事はネタバレを含みますので、ご注意ください。

 

 

ストーリー

メキシコシティの自動車工場で働くダニーとダニーの弟がターミネーターREV -9に襲われる。彼らも守ったのは強化した人間のグレースであった。執拗に追いかけてくるターミネーターであったが、途中サラ・コナーに助けてくれる。サラ・コナーはターミネーターの情報がメールで送られてくるとのことなので、その発信元に行くことに。そのにはあの男が・・・。

 

 

感想

とにかく追って来るターミネーターにひたすら逃げる映画。それだけだ。非常に分かりやすい話である。

カーチェイスしたり、ヘリ使ったり、海水に入ったりと場面がコロコロ変わっていく。

(グレースはわかるが、他の人間二人よく死ななかったな) 

 

ありとあらゆる武器でREV -9に攻撃するがすぐに再生し、追いかけて来る。(怖いわ)

 

T -800はすぐに出て来るのかなと思ったら中盤くらいにやっと出てきて、妻と息子もいんのかい。

 

最終決戦でサラー、T -800、グレース、ダニー4人がかりでREV -9を倒そうとすることに。銃とはわかるが、まさかグレース鎖で挑むとは。

(アクションとしてカッコ良かったからいいが。)

 

本映画はストーリーが単純なため、ストーリーというか随所のアクションシーンが見応えがある映画かなと思う。

(最後サラーとダニーが車で走り去っていくのを観て、ダニーの成長する映画だったのかと思ったが)

 

まとめ

これの続編は作られるのだろうか?