スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

グループディスカッション 例

f:id:akj220:20191118180218j:plain


そういえば就活の際面接ではなく、グループディスカッションという変化球の選考をする企業がある。今回は受けた際に出たテーマを書いていく。

 

テーマ 

売れる住宅営業の条件

会社選びの基準

高級なミネラルウォーターの販売方法と価格設定

採用するならどんな人がいいか

学生委員会での予算配分

地域活性のサークルに所属し、買い物難民の高齢者をどうするか

タイムマシンのツアーはどのような計画がいいか

 

まとめ

形式によっては司会者、タイムキーパー、書記、発表者を決める。(どれがいいかは知らんが)また、グループディスカッションの後に発表する代表者を決めるパターンがある。

 

グループディスカッションの人数は少なくても5人〜多いと9人のもあった。(人数が多いと自分の存在感を出すのが難しくなるな)

 

こういった選考は割と大きな企業だけがやる選考方法である。(小さな企業はやらんよな)

 

あと難しいテーマあることね。

ということで今回は終わり。