スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

漫画『ワールドトリガー 21巻』 感想

テレビアニメにもなったワールドトリガーの最新刊。その感想を書いていく。

週刊ジャンプからジャンプSQに移籍して毎週見れなくなったが。)

 

 

 

収録話数

第179話〜第187話までを収録

 

第179話

千佳が人を撃てるのか撃てないのかの話。千佳が人を撃つことができれば玉狛第2にとって大きな力になることは間違いないが・・・。

(これを指摘するのが新参者のヒュースとは)

 

第180話

里見一馬から弓場と二宮の話を聞く三雲たち。

(里見ってめっちゃ強いんだな)

 

第181話

ついに弓場さん登場。完全にヤンキーではあるが、めっちゃ強く、クガの一瞬で戦闘不能に。

(こうしてみるとガンナーってかっこいいな)

 

第182話

クガの社会性高くね。(じんさんに対戦するようにお願いしたりと)

主に次の対戦の作戦会議。

 

第183話

ついに今巻最大のキャラ「にのまる」が登場する回。烏丸先輩のスーツ姿偉く似合ってるな〜。

 

第184話

ついに待ちに待った最終戦開始。相変わらず生駒隊、全く作戦会議してね〜。(相変わらず)

 

第185話

本当に転送位置が悪い。ヒュースの(運が悪い)

 

第186話

敵に囲まれたヒュース集中攻撃を受けることに。

ヒュースめちゃめちゃ強すぎだろ。あの囲まれた状況でも落ちないのか。

 

第187話

ヒュースを含む8人の乱戦状態に。援護のため千佳は攻撃しようとするが・・・。一人だけ「ドラゴンボール」みたいな攻撃になっているが・・・。

(生駒さんいちいち確認いるのか)

 

まとめ

今巻は千佳の撃てるのか撃てないのかを中心に最終戦に突入。さあ撃てるのでしょうか。

 

あと純粋にヒュースの実力の高さがわかる。あれだけの猛攻撃を受けているのにも関わらずに戦闘不能にならない。

 

二宮隊のエンブレムの解説は異様に面白かった。