スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

漫画『とある科学の超電磁砲 07』 感想

現在テレビアニメ放送中『とある科学の超電磁砲 T』。その原作となる漫画『とある科学の電磁砲 』の感想を書いていく。

 

 

toaru-project.com

 

 

収録話数

第三十八話〜第四十四話+番外編

 

各話ストーリー

第三十八話

上条当麻」と「一方通行」との戦い決着。ボロボロになりながらも最後当麻が勝つ。(てかめっちゃ怪我しすぎじゃね。よく立てるな)

 

第三十九話

御坂美琴」が当麻の病院に見舞いに行き、手製のクッキーを要望する。「御坂妹」と美琴のこれからの話をする。

 

鉄橋は恋の合図

ここまでがテレビアニメ第二期『とある科学の超電磁砲 S』までの話。(長かったね〜)

 

第四十話

 「婚后光子」と美琴との初対面となる話。

 

第四十一話

 「食蜂操祈」が初登場会。食蜂の能力「メンタルアウト」強すぎじゃね。何でもありやん。

 

第四十二話

初春飾利」と「佐天涙子」の二人の話。この二人仲良いな〜。

 

第四十三話

テレビアニメ第三期「とある科学の超電磁砲 T」の第一話の話。アニメではこの話にオリジナル要素を加えつつ一話構成されている。

大覇星祭の選手宣誓の人を運営委員会が探す話。(ほとんどの人に断れているけど)

 

第四十四話

ついに大覇星祭開催。(「削板軍覇」ほとんど根性のことしか言っていないけど)

二人三脚で美琴と光子が出場しゴールを目指すことに。

 

まとめ

テレビアニメ第三期も放送されるということで、原作と違いどのように表現されるのか気になるところである。