スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

『ONE PIECE novel LAW』 感想

 

 

概要

"北の海"スワロー島。恩人コラソンと死に別れたローは、"オペオペの実"の能力で珀鉛病を克服、「ギブ&テイク」を信条とする発明家ヴォルフと出会う。寝床と飯をもらう代わりにヴォルフの手伝いを始めたローは、ある日、島の海岸でいじめられている白クマを救出、彼を子分にする。その白クマこそ、のちにハートの海賊団の航海士となるベポであった。ベポをいじめていた少年のシャチとペンギンからも慕われ始め、4人はスワロー島にまつわる「海底を飛ぶツバメ」という不思議な噂の謎を追う。だが、彼らの前に凶悪な海賊が立ちはだかり...。ハートの海賊団結成までをノベライズ!

                         JUMPjBOOKSより引用

 

収録話数

第一話

第二話

第三話

第四話

エピローグ

 

ストーリー

コラさんと別れてからハートの海賊団結成までの物語。

今作オリジナルキャラ発明家ヴォルフに助けられたローはヴォルフと二人での生活を始める。その後ベポ、ペンギン、シャチを子分に加え4人での穏やかな生活を送ることになる。

その中でいろいろなことが起こりつつも少しづつ4人は家族のような感じになる。

穏やかな生活を送る中、島に海賊が攻めてくる。その海賊との死闘の中辛くも勝利を収めることに成功。ローはこれを通して今後の自分の身の振り方を決めるのであった。

そしてヴォルフの開発した潜水艦をもらい海賊として島に出ることになった。

 

感想

ローの話ではあるが、大部分はオリジナルキャラヴォルフの話になっている。

特に驚いたのはスーロン化したベポ。原作でもスーロン化したのはキャロットだけだったのでこれは驚いた。とにかく強い。

ローはヴォルフのことをガラクタ屋と呼んでいたが、最後別れる時名前で呼ぶのは何かサンジの別れの際「オーナーゼフ」と呼ぶシーンを彷彿とさせるものであった。

 

まとめ

デロデロの実と本作オリジナル悪魔の実も登場し、人を操ることができる能力って結構えげつない能力だな。うん。