スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

キャッシュレスに伴う損失

キャッシュレス。

現金を持たなくてよく、非常に便利である。

これから先多くの人が利用するだろう。

今回はいい面でなく、悪い面を書いていく。

・・・とその前にまず日本と他国の状況から入る。

f:id:akj220:20191221155524j:plain

 

 

日本の目標

日本では一応目標が設定されている。

経済産業省を中心に議論され、2018年4月には「キャッシュレス・ビジョン」が公表された。

それによると、

大阪・関西万博(2025年)に向けて、40%以上のキャッシュレス決済比率を実現する。

将来的には世界最高水準の80%を目指す。

 

現状の日本

世界ではキャッシュレス化が大分進んでいるが、日本は遅れている。

何故だろうか。

やはり日本の紙幣が一番良いとのこと。(要はそれだけ信頼が高い)

どうしてこんなに信頼されているのか。

例えばATMでお金を引き出すとお札が温かい。これはATMの機械内で熱消毒をしているからだ。

また偽造も滅多にされない。(それだけ精巧な作りをしているから)

 

➡️そうするとキャッシュレス化する必要はないという結論に至る。

 

他国の状況

スウェーデン電子マネーの普及でほとんどキャッシュレス。

中国:オンラインマーケット社アリババの子会社が発行しているアリペイという電子マネーが普及し、キャッシュレス化が急速に進展。(屋台での買い物もアリペイで行われる)

日本における損失

キャッシュレスも進める過程で損失も発生している。

 

セブン&アイHDが鳴り物入りで導入するはずだったオンライン決済サービスセブン・ペイ。サービス開始から数日でトラブルが見舞われ、たった三ヶ月で終了した。

 その代償はセブン&アイHDが投資した140億円はまるまる損失した。さらに不正利用による被害総額約3240万円の補償。またセブン・ペイに残高の払い戻しにかかる費用も負担しなければならない。

それだけでない。セブン・ペイが稼働しなかった事で機会損失もある。消費税増税に伴うポイント還元の際、他社クレジットカードを使われると、セブン&アイHDは約1%の手数料を負担しないといけない。

 

ではライバル会社はどうだろうか。

例えば、ソフトバンクグループの展開するPayPayの2019年3月期決算は、売り上げ5億9500万円。これに対して、営業損益は−367億8700万円。

メルペイは売り上げゼロ。営業損益は−8億9000万円(2018年6月)。

LINE PAYは売り上げ44億8200万円。営業損益は−53億3300万円となっている(2018年12月)。

 

PayPayのコーポレート総括本部マーケティング本部広報室室長のインタビューで「決済だけで利益を出すことは難しい。生活に結びついた形でPayPayを使っていただくことで、支払いの先に繋がるようにしたいと考えています」と回答。つまり、先の収益モデルは見えていない可能性も・・・。

 

 

引用元

亀井卓也『5Gビジネス』日経文庫 2019年

池上彰『新版 知らないと損する 池上彰のお金の学校 』朝日新書 2019年

 

野口悠紀雄『入門ビットコインブロックチェーンPHPビジネス文書 2018年

上念司『誰も書けなかった日本の経済損失』 株式会社宝島社 2020年