スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

『ゼノブレイド ディフィニティブ エディション』 感想

 

Nintendo Switch用ソフトゼノブレイド ディフィニティブ エディション』。

やっとクリアしたのでその感想を書いていく。

 

とてもいいストーリー

非常によくできたストーリーである。細かく伏線が仕込まれており、どんどん話に引き込まれる。とにかく先の展開が気になる。

敵の目的や敵なのか味方なのかわからないキャラ、あの人物の正体など。本当によくできている。 

 

楽しい戦闘システム

 

 

RPGで重要な要素は戦闘である。それはRPGではかなりの時間戦闘を行うので、戦闘がつまらないとゲームを進めるのがしんどい。

ボタン操作で簡単な戦闘システム。

この作品特有の向きの概念があり、それによってうまく敵に大ダメージを当てられる。 

また敵を引きつけたりなどプレイヤーに色々考える要素があるバトルシステムであり、なかなか飽きさせない作りになっている。

 

やり込み要素

とにかくこの作品ゲームを進める以外でやることがかなり多い。

キズナトークやコロニー6復興などである。

その中でもとにかくクエストが多い。クエストを全てやるだけですごく時間がかかる。

 

BGMがいい

ゲーム中で流れるBGMがとにかくいい。

盛り上がる演出には盛り上がるBGMといった耳に残るBGMが多い本作である。

 

まとめ

ずーと遊べるゲームなので、とにかくやめ時がわからないゲームである。

一人で長くゲームを遊びたい人向けのゲームである。  

 

本作はWill版からの移植であり、それに伴いグラフィックの改善や新規ストーリーの追加もあり、オリジナル版を遊んだ人でも遊べるゲームとなっている、