スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

舞台版『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1-犯罪係数-』 感想

 

概要

テレビアニメ第1期の物語を実力派キャスト&スタッフで舞台化した作品。 

物語はテレビアニメ第1期の前半部分の舞台化である。(テレビアニメは2クールと話が長いので)

そのため物語は狡噛慎也槙島聖護がお互いに相手の存在を認識するところで終わる。

 

公式サイト

pp-stage.com

感想

舞台装置は回る階段が設置されており、そこで演技が行われている。そうこれはテレビアニメ第一話で狡噛慎也槙島聖護が初めて対面する場所である。(くるくる回るようだ)

原作のイメージキャラに損なわないように似せるおり、そのように演技しているのがわかる。

 

なんだかんだで一番似ていたのは狡噛さんか?

 

基本ストーリー自体はシリアスな話であるが、クリームパンのくだりは笑いが起こっていた。(うけるところはあそこだけだからな)

 

PSYCHO-PASSは近未来ポリスなので超ファンタジーというわけではないため、舞台化は割としやすい部類かと思いつつ見ていた。

 

⬇️どうやら別の舞台もあるようで・・・。

psycho-pass-stage.com

 

まとめ

Chapter1ということは続きがあるのか??