スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

映画『弱虫ペダル』 感想

今回は映画『弱虫ペダル』を観てきたのでその感想を。

 

 f:id:akj220:20200823100807p:plain

(公式サイトより引用)

 

公式サイト

movies.shochiku.co.jp

 

観てきて思ったのが、意外といいじゃないかということ。

 

ストーリー

漫画「弱虫ペダル」を実写映画化。

アニメ好きの小野田坂道は自転車競技部に入部する。そして初めてできた仲間たちと一緒に走ることに・・・。

 

感想

坂道と今泉の対決、1年生ウエルカムレース、大会(インターハイ予選)とレースシーンは非常に見応えある映画であった。

何と言ってもこれは自転車競技なので、この部分のレースが迫力ある映像でないと意味がない。そう言った意味ではとても非常に良かった。(演者の人すげー練習したんだな〜)

 

キャラクター数も多い作品の中、焦点に当てるキャラクター絞ってやったのは、映画という短い時間なのでこれは仕方ないのかなと思う。

 

とてもきれいに物語を畳んでいるな〜と思う。

まとめ

続編は作るのか??