スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

虚構推理 第13巻 感想

テレビアニメーションにもなった虚構推理の最新刊13巻の感想である。

 

 

 

前回の記事

www.supaasuta.com

 

収録話数

第32話 雪女のジレンマ③

第33話 雪女のジレンマ④

第34話 よく考えると怖くないでも話

第35話 見たのは何か①

書き下ろし漫画

 

各話概要

第32話 雪女のジレンマ③

前回からの続きの雪女編。おひいさまとついに出会い、今回の事件のことを相談するが、あらぬ方向に・・・。

 

第33話 雪女のジレンマ④

雪女編ついに解決。

おひいさまが事件の概要と犯人を推理する。(ただ推理と言っても幽霊に聞いているから推理とは言わんか・・・)

というか女難の相ありすぎるだろ。

 

第34話 よく考えると怖くないでも話

便利屋のバイトとして屋敷の片付けを行うが、そこには妙な噂があって・・・。

この話は顔芸。とにかく顔芸。

 

第35話 見たのは何か①

六花とおひいさまの二人のコンビの話。久しぶりの六花登場し、おひいさまの頼みを聞くことになるが・・・。

次号に話が続く。

 

感想

今巻一番印象に残っているのは第34話の顔芸である。(あんな顔するのか)

また前半の雪女編では人間と妖怪カップルが出来上がるとは・・・。主人公たちはあんまりカップルっぽくないが。

 

おひいさまって宴会芸とかもしないといけないのか。知恵の神ってめんどくさいな〜。

 

最後次号に続く。六花とおひいさまコンビ。今まではおひいさまと久郎の二人コンビで事件を解決してきたが、今までとは違ってこの今では敵同士コンビ。どうなるかと言ったところで終わっている。 

 

まとめ

これストーリー的にまだ中盤ぐらいなのかこれ。早いとこ六花との対決を見たいところではあるが・・・。