スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

映画『事故物件 恐い間取り』 感想

f:id:akj220:20200829210116p:plain


映画『事故物件 恐い間取り』を見てきたのでその感想を書いていく。

 

movies.shochiku.co.jp

 

ストーリー

山野と中井のお笑いコンビは全く売れずに過ごしていた。そんな状況の中、中井はコンビを解散して放送作家としてやっていくことを山野に伝える。

 

ある時、中井は制作会社プロデューサーに事故物件の話をする。すると、プロデューサーは山野に事故物件に住んで何か撮れたら番組に出すというが・・・。

 

感想

事故物件は全部で4軒出ており、その中で心霊現象に見舞われる。最初は赤い服の女性や鎌っぽいものを持った男が出たり、2軒目ではヒロインが老婆に洗面台に顔を押しつけられたりする。4軒目では黒い顔の幽霊が出たりと他諸々、とにかく幽霊で出まくる作品である。

 

個人的には赤い服の女性が一番怖かったが、最後の4軒目で出てくる黒い顔の幽霊はそこまで怖くなかったかな〜と思う。やたらと強かったが・・・。

 

ただその黒い幽霊との除霊というかなんというか、ファンタジーバトルとなっていたのが、何でやねんと思いつつ見ていた。これ、ホラー映画じゃないのか?終盤になるとホラー感がだいぶ薄れる。

 

ただヒロイン役の小坂が全画面通して、ひたすらに可愛かった。

 

まとめ

ツイッター見たらハリーポッターと書かれているのを見て、なんだそれ?と実際に見たらマジで終盤ハリーポッターみたいなことになっていた。