スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

映画『TENET テネット』 感想

映画『TENET テネット』を観てきたのでその感想を書いていく。

 

f:id:akj220:20200930163236p:plain

 

公式サイト

wwws.warnerbros.co.jp

 

本記事はネタバレを含みます。

 

ストーリー

主人公「名もなき男」(本作の主人公に名前はない)に課せられたミッションは、人類がずっと信じ続けてきた現在から未来に進む時間のルールから脱出すること。 時間に隠された衝撃の秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるためのミッションに挑む。

 

感想

まず率直に言ってわからん。本当にわからん。何がわからんって話だよ。話。この映画『TENET テネット』かなり難しい。正直初見で理解できた人がいるのかって話だよ。本当。

 

その原因が今作のキーである時間の逆行である。これのせいである。だから何がどうなっているのかが非常にわかりにくい。本作でも多くを説明していないせいでもあるかと思うが。

 

観た後、ネットでどうゆうことなのかをめっちゃ調べる調べる。ネットの感想を見ると、わからん人も結構いたようで。

 

ただ映像は確かにすごい。逆行する映像である。車なら逆走、鳥なら着地している状態から飛ぶ、爆発なら煙が出ている状態から収束するみたいな逆の状態が見れる。こんなのは他の映画ではないんじゃないかな。

 

もう一つ驚くのはあるシーンで主人公は男と戦うが、実はそれは自分だったとか、結構後々これってそういうことなのかとびっくりする演出も多々あった。

 

あと人間ドラマもほとんど描かれていない。いや一箇所だけある。それは名もなき男とその相棒ニールである。最後の別れの際のこれが美しい友情の終わりという台詞は本当に良かった。(よく知らんがある作品のオマージュらしいが・・・)

 

本作の敵はなかなかの悪い奴。残りの寿命もないから、世界と一緒に死ぬわというかなり迷惑な敵である。

 

とにかく初見ではわからん。何回は観れば理解できるとは思うが・・・。

 

まとめ

まさかヒロインの背が一番高かったとは・・・。