スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

『やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ』 感想

 

概要

本書は、あなたの「すぐやる」スイッチを取り戻すための本である。

私たちの脳はとても面倒くさがり屋である。

逆に言えば、面倒くさがる脳をその気にさせることができさえすれば、「すぐやる」スイッチをオンにすることができる。

本書では、そのスイッチの入れ方を誰でも今すぐできるよう、37のメソッドに分けて紹介していく。

 

とっかかり

いきなり大きく変わろうとせずに、小さなアクションから始めていけば、面倒くさがりで、変化を嫌う脳でも対応できる。

物事を先延ばしにせず、「すぐやる人」なるためには、「とっかかり」、つまり行動に初速をつけることがポイントになる。

 

仮決め・仮行動

すぐ行動できるようになるためには、量→質という順番を意識することが大切である。第一に、行動量を増やすこと。その後に行動の質を上げることがポイントである。

すぐに動けない人の大半は、この順番を守っていない。行動量を増やすという第一段階を無視して、いきなり行動の質を求めてしまう。

そんなときに力を発揮するのが仮決め・仮行動というスタンスである。

たとえば、筋トレを始めたいと思っている人は、とりあえず今ある動きやすい服に着替えて、5回でも10回でもいいから腕立て伏せや腹筋をしてみる。

これが、仮決め・仮行動である。

 

試しに10秒

仮決め・仮行動をしようと思っても、体が動いてくれない。

そんなときに有効なのは、最初の一歩のハードルを極限まで下げてみることである。

具体的には、まず試しに10秒でできることから動いてみる。

 

新しい習慣

新しい習慣をゼロから身につけるのではなく、すでに習慣化していることの勢いを借りて行動を開始できるのでうまくいきやすい。

ポイントは、すでに習慣化している行動の最後と、これから習慣化したいことの最初の行動を明確にすることである。

「歯ブラシを棚にしまったら、スクワットを1回する」といった具合である。

 

行動ブレーキ

集中して仕事をしていたのに、人から話しかけられる。

実は、私たちの日常には、このような行動ブレーキがたくさん潜んでいる。

行動ブレーキを外す方法は以下の2つである。

・原因を特定して、阻害要因を排除する

・目的にファーカスすることで、阻害要因の影響を小さくする。

 

定位置

ビジネスパーソンは、年間150時間を探し物に費やしているというデータがある。1ヶ月に20日働くとすると、1日平均37分30秒も、探し物に費やしている計算である。

まず、机上や引き出しにある文房具、書類などのなかで使用頻度の高いものから定位置を決めていく。

 

メモ

中断した仕事を、スムーズに再会するにはコツがある。それは、再会後、最初に取り掛かる仕事をあらかじめメモしておくことである。

中断されても、「再開時に〇〇をする」という明確なコマンドをあらかじめ決めておけば、迷うことなく作業に戻れる確率が高まる。

 

朝一番

朝出社してから、仕事が乗ってくるまでに時間がかかるときがある。なぜ、着手に時間がかかるかといえば、何をするかが明確に決まっていないからである。それを回避するためには、前日のうちに翌日の朝一番にすることを決めて、メモしておくことが有効である。

 

物事の捉え方

「すぐやる人」は、「私にはできる・できた」というポジティブなゴールイメージを自然と描いていることが多く、結果的にイメージの力をうまく使っている。

一方、つい先延ばしにしてしまう人は、「できない」「難しい」「失敗したらどうしよう」というネガティブなイメージを描いていることが多い。

 

物差しのメモリを小さくする

気分が落ち込みやすい人の大半は、たった1つの基準で考えている。それは、「当初の予定や目標通り、事が進んだが・進まなかった」である。

物事が想定通り100%うまくいくことは、ほぼない。

物差しのメモリをできる限り小さくする事で、小さな変化、成果、結果に気づく癖をつける。例えば、「企画は通らなかったけど、田中部長は面白いと言ってくれた」など。

 

過去の自分と今の自分を比較

人と比べることで、嫉妬、焦り、劣等感、自信損失、慢心、優越感などが湧いてきて、結果的に行動に繋がらないことが多い。

問題なのは「人と比べること」ではなく、それによって感情がネガティブになり、「行動が止まってしまう」ことである。

他人と比べるのではなく、過去の自分と比べるようにすればいいのである。

 

ぶっ飛んだ目標

人生を変えるために必要なのは、ぶっ飛んだ目標である。ぶっ飛んだ目標とは、実現可能性や感情のブレーキに捉われない心底、実現したい目標のことである。

ぶっ飛んだ目標がない人は、旅の目的地を決めずに日々彷徨っているようなものである。

これでは、せっかくの行動も努力も苦労も、積み上がっていかない。

同じ出来事に対しても、ぶっ飛んだ目標の有無によって、捉え方がまったく違ってくるのである。そしてこの違いは、1つひとつの思考・選択・決断・行動に大きな影響を与える。

 

価値観

人が行動する目的は3つに大別できるということである。というのも、行動する目的は、その人の価値観に根ざしたもので、その価値観が3つに大別できるからである。

その3つの価値観とは、人とのつながり、達成、技術の追求である。

人とのつながりとは、感謝されたり、絆が深まったり、人間関係が充実することを大切にする価値観である。

達成は、文字通り、目標を達成したり、困難な課題を乗り越えることを大切にする価値観である。

技術の追求は、専門性を深めたり、自分の意思や個性が尊重されることを大切にする価値観である。

 

取り組み内容を明確化する

取り組み内容は、次の2つのステップを踏むことで簡単に明確化できる。

・現状と目標の間に3つのマイルストーンを置く。

マイルストーンをチャンクダウンする。

マイルストーンとは、直訳すれば道標。目標を実現していく際に、途中の目安となる小さな目標のことである。

チャンクダウンするというのはコーチングの世界で使われる言葉で、1つのかたまりを小さく分解するという意味である。

取り組み内容が大きすぎると、行動に着手しにくくなるので、分割して小さなかたまりにすることで扱いやすくする。

 

振り返り

目標や取り組み内容は一度立てたら終わりではない。行動してカタチにしていくためにも、定期的により魅力的で効果的なものにブラッシュアップする。

おすすめなのは、振り返りである。

定期的に目標実現の度合いを振り返り、軌道修正することで、やりっぱなしで終わるのを防ぐ。

 

下記書籍参照