スーパースターブログ

ひたすら興味のあることだけを書いていく雑記ブログ。

保障について考えよう

高額療養費制度

病気やケガをして、医療機関で高額な治療費がかかった場合でも、医療費の自己負担額には上限がある。これが高額療養制度である。この制度を利用することで、自己負担額は抑えられる。

医療費が100万円かかった場合、自己負担額は100万円の3割で30万円だが、高額療養費制度を利用することで、ひと月の自己負担額の上限は8万7430円になる。(70歳未満で年収約370万円〜770万円の場合)

年収370万円以下の場合はひと月の上限額が5万7600円に下がる。

 

傷病手当金

病気やケガの治療のため出勤できなくなり、給与が支払われない場合に、最長1年6ヵ月の期間、給与の約3分の2の金額を受け取ることができる制度である。傷病手当金支給の条件は、業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること、仕事に就くことができない状態であること、3日間連続して仕事を休み、4日目以降も仕事に就けないこと、休業した期間について給与の支払いがないかまたは支払われた給与が傷病手当金の額よりも少ないことの、全てを満たした場合に支給される。医療の保障だけでなく所得保障の役割もある。

 

まとめ

入院やリハビリ通院、長期間の治療など、本人負担の軽減や家族に迷惑をかけないために一定の備えが必要である。だが、高額療養費制度と傷病手当金を利用すれば、それほど大きな保障は必要ない。